【ニュース】第2弾プロジェクトを選定 4月11日に第2回「生産性革命本部」

 2016年を「生産性革命元年」と銘打ち、人口減少による労働供給の制約を打破する“生産性革命”の実現に踏み出した国土交通省。本格的な「i-Construction」(アイ・コンストラクション)への転換など、3月に計6つの取り組みを第1弾プロジェクトとして発表したのに続き、11日に開く第2回の『生産性革命本部』(本部長・石井啓一国交相)で第2弾となる新たなプロジェクトを打ち出す。
 8日の閣議後会見で石井国交相は第2弾プロジェクトの候補として7つの取り組みを紹介した。11日の会合で社会のベース、産業別、未来型の3つの切り口から第2弾の実行プロジェクトを選び出す方針だ。

0 コメント:

コメントを投稿