【ニュース】i-construction施工で生産性向上推進本部設置 JCMA



 日本建設機械施工協会(JCMA、辻靖三会長)は「i-Construction(アイ・コンストラクション)施工による生産性向上推進本部」を設置する。4月下旬に初会合を開く予定。アイ・コンストラクション施工技術について、技術を提供する立場、施工する立場から関係機関に提言するとともに、アイ・コンストラクション施工技術に対応できる人材育成や利用促進に向けた情報発信、広報活動などを実施していく。
 推進本部の下に、(1)i-Con普及ワーキング(WG)(2)ICT活用戦略WG(3)定量的評価WG(4)企画検討WG--を設ける。当面の対応として、国土交通省が2016年度から全面展開するICT(情報通信技術)土工に対応できる技術者、技能者の拡大のため、国交省と連携して講習会を開くとともに、建設施工現場の生産性向上への対応として、アイ・コンストラクション適用範囲を土工以外の工種や新たな技術にも広げるための提案・要請を国交省や関係機関に行っていく。本部長に鹿島の高田悦久氏、副本部長にコマツの四家千佳史氏が就任する予定だ。

0 コメント:

コメントを投稿