【i-Conニュース】標定点不要で空中測量、ドローンをTSで追尾 トプコン


 トプコンは、i-Construction(アイ・コンストラクション)で使用されるUAV(無人航空機)による現場測量向けに、標定点が不要になるシステムを開発した。現状のUAV写真測量では、GNSS(全地球測位航法衛星システム)などを使って自機位置座標を求める方式が一般的だが、同社はUAVに自動追尾トータルステーション(TS)のミラーを搭載して地上のTSからUAVの座標を求める。同社では「精密な3次元位置を測定する世界初の技術」だという。

 従来のUAV空中写真測量は、カメラの座標を測定するために多数の標定点を地上に設置して写真に写し込む必要があり、標定点設置作業には測量技術が必要な上、工事進捗に合わせて設置や撤去を繰り返さなければならなかった。今回の技術では、地上に据えたTSからUAVのミラーを自動追尾して、飛行軌跡を記録し、写真撮影した瞬間の座標を計算する。
 計測結果は、同社の写真測量点群生成ソフトウェア「Image Master UAS」に入力して使えるようにする予定だ。

0 コメント:

コメントを投稿