【挑戦! I-CONSTRUCTION75】女性躍進! 秩父でICT実技研修会 道建協「なでしこエンジニアの会」


 1月19日、埼玉県秩父市の日本キャタピラー「D-Tech Center」で、会社の枠を超えてICT施工に関わる女性メンバーで構成している「なでしこエンジニアの会」のi-Construction実技研修会が開かれた。道路会社やレンタル会社、測器メーカー、建機メーカーなど12社から13人が参加して、ICT施工の流れやGNSS測量などを実際に行った。



◇日本キャタピラーが企画

 「なでしこエンジニアの会」は以前にもこの連載で取り上げているが、日本道路建設業協会が2012年1月に発足し、現在は協会の技術および施工管理部会の技術ワーキングとして活動している。会では、情報化施工技術や道路建設技術に関する勉強会の実施、業界への女性活躍推進などに取り組んでいる。
 今回の研修会は、メンバーとなっている日本キャタピラーがカリキュラムを構築、17年9月に総合研修施設からICTエキスパートの育成およびサポート強化へと衣替えしたD-Tech Centerの設備をフル活用して行われた。
 朝から始まった研修会では、座学によるi-Constructionの概要やGNSS測量について講義が行われ、午後からは本格的なICT土工のプロセスに関するデモンストレーションが始まった。
 まずUAVによる空中写真測量による現況測量、設計データを搭載した3DMCブルドーザーとモーターグレーダー、振動ローラーを使った土工、3DMC油圧ショベルによる法面施工といった一連のプロセスを、実際の建機で行う様子を見学した。

◇自分で施工したい!

 次に、RTK方式のGNSS測量ローバーをメンバーが実際に担いで、デモサイトにある小山の形を計測し、実際に3次元データを作成した。
 また20tクラスの3DMC油圧ショベルと、3tクラスのミニ3DMC油圧ショベルに実際に搭乗して操作方法も学んだ。

 受講したメンバーからは「設計データを重機に入力して作業するプロセスをもっと詳しく知りたい」「トータルステーション(TS)を使った測量にも挑戦したい」「車両系免許を取得して自分で施工してみたい」など、意欲的な感想が寄せられていた。
 また、20tクラスの油圧ショベルの実機を使って安全講習も行った。小柄な女性の体がすっぽりと隠れてしまうバケットの大きさや、バックモニターの死角についても実際に体験し、安全への意識の大切さも体感した。
 講習を企画した日本キャタピラーは「これまで女性限定の車両系特別教育などを実施したことはあったが、i-Construction講習会は初めての試み。デモンストレーター8人のうち半分が女性というセンターの特色が生かせた。今後も女性活躍のための取り組みを進めたい」と話している。(田中一博)

建設通信新聞(見本紙をお送りします!)

0 コメント:

コメントを投稿