前回は、点群を選択して削除する方法を紹介したが、今回は「フィルタリング」で点群を処理してみる。
 フィルタリングにはさまざまな手法があるが、1つずつ解説する。まずは「均等間引きフィルタリング」だが、これはデータサイズを軽くするために行う。
 点群処理したデータは、最終的に点と点を結んだTINで面を作り、LandXML形式で出力する。起工測量データは面として扱い、3次元設計データと比較して土量計算や施工計画に反映するためだ。

 前回、フォトスキャンを使ってUAVの空撮写真から、起工測量用の点群を生成した。フォトスキャンから出力されたファイルはTXT形式で、点群はXYZ、RGBという順番で記述されている。データサイズは534メガバイト、点群の数は1300万点だった。このファイルを、今度は福井コンピュータの点群処理ソフト「TREND-POINT(トレンドポイント)」に読み込ませる。

 国土交通省は、建設現場に“生産性革命"をもたらすi-Constructionの普及に力を入れる。取り組みの1つとして、革新的なテクノロジーによって進化する建設現場を想起させる“シンボルマーク"を作成。建設現場の看板や仮囲い、作業員のヘルメットなどに使用することで、魅力的に変わる建設現場を業界の内外に広くアピールしていく方針だ。 注目されるデザインの最終決定は12月中旬を予定している。5日の「i-Construction推進コンソーシアム・企画委員会」(委員長・小宮山宏三菱総合研究所理事長)に提示された9つのデザイン(案)の中から、コンソーシアムの会員によるアンケート(審査)で決定する。

 「近く訪れる業界変革を見据え、新しい時代を先取りするための投資として決断した」と、マルフジ後藤重建(静岡県掛川市)の後藤義隆代表は胸を張る。
 「エリアでナンバーワンに」という志のもと、建設現場に生産性革命をもたらすi-Constructionの考えにいち早く注目し、コベルコのホルナビ3Dマシンガイダンス(ホルナビ)機能搭載の通常型ショベル「SK350LC」や後方超小旋回ショベル「SK235SR」などを購入。ICT建機全般への積極投資を進めている。

 標定点と写真をひも付けする時に感じたことは、標定点の点名を地面に書く場合は、必ずあとから写真を点群化する人が点名を判別できるよう、きれいに書くことが大切であるということだ。
 6と9は、空中から見るとどちらなのか非常に判別しにくいし、基準点と標定点も数字が似通うため、KとかGなど標定点の判別要素を入れておいてほしい。


 「実践ICT土工」で最初の作業は、現況測量から始める。現場の起工段階で実際にUAVを飛行させて撮影した現場の航空写真を、インターネットからダウンロードした「PhotoScan Professional」のデモ版にドラッグして読み込ませる。
 このソフトは、実際に購入すると3499米ドル(約40万円)もする高価なものだ。デモ版は結果の保存こそできないが、実際の作業手順を学ぶなら十分に使える。
 点群生成ソフトウェアは、このほか代表的なものとしてPix4D社の「Pix4D mapper」、トプコンの「MAGNET Collage」などがある。ほかにもインターネット上のクラウドサービスも多数存在しており、価格や使用頻度を考えて自社でのソフト購入やサービスとしての購入を検討したい。